車を買取に出す際のおすすめポイント 〜どこの会社が最適なの?買取・下取どっちがいいの?〜

こんにちは!元カーディーラーの営業マンをしていたファジーです。今は車業界からは卒業して違う業界に身を置くサラリーマン。別世界にいるからこそ語れる車業界の裏の話を紹介していきます。今回は車を買取に出す際のおすすめポイントを解説します。できる限り高く車を手放したいのは万人皆共通ですので、少しでも皆さんのお役に立てればと思っています。

目次

車を買取に出すにはどこがいい?

買取に出すおすすめの会社4選

1、買取専門店

中古車の買取を専門業とする専門店。
しっかりした査定方法で適性な価格を付けられるプロの目利きができる販売員がほぼ在中しているので、間違えても市場価格からかけ離れた金額で査定されることがない。

2、中古車販売会社

中古車専門の販売業者。
中古車を取り扱っているので、タイミングが合えば、高価な価格で買い取ってくれる。丁度商談中の他の顧客が欲しがっているような車であったり、買取をして店舗に実際に並べても良いと判断する場合、実際の買取価格よりも高価な金額で買い取ってもらえる可能性が高まります。

3、所有者の車種を取り扱うディーラー

トヨタやホンダや日産のようなディーラー。
トヨタの車を売りたいのなら、トヨタ。ホンダの車を売りたいのならホンダ。自社が製造している車の場合、そのまま店舗に置いて販売ができるという業者側のメリットがあります。その車に当てはまった場合、高値で買取してもらえる可能性があります。

4、ネットオークション

今は個人がインターネットのオークションで車を販売できる時代です。実際にYahooオークションやメルカリなどで中古車が販売されております。中間業車を通さない分、手数料がかからないので、手元に入ってくる金額は多くなります。ただ名義変更やなどの手続きが煩わしいので手間がかかるのは現実です。

買取と下取はどちらがおすすめなのか?

結論

買取です!!!

<下取り>
新たに購入する販売店で現在乗っている車を購入してもらい新たに車を購入すること。

<買取>
新たに車を購入する販売店とは別の販売店で現在乗っている車を買い取ってもらうこと。

下取のデメリット3選

1、下取の場合、金額が低く見積もられる可能性が高い

基本的には購入するところで車を下取りに出す人がほとんどのため、購入する車と合算して考えられる可能性が高い。下取り金額としての交渉がしづらい!!!

例えば、購入予定の車で値引きしますとか、、、そこで帳尻を合わせられて、値引きされているようでされてない現象が起きるのです。実際、購入する車と下取りの車どちらも値引き交渉が可能なのに逆に損をしてしまう可能性があるのです、、、

2、実はプロの査定者がいない中古車販売店が多い

中古車販売店のメインの仕事は車を販売することです。車を買い取ることではありません。あくまで経験者(そのお店の店長など)が査定はすると思いますが、実際に査定のプロではありません。それと比較して、買取専門業者は専門のプロが査定をします。その車の本当の価値を見定めてくれる可能性が高いです。

3、購入する予定の車にも影響してしまう、、、

やはり人はめんどくさがりです。車を購入するとこで下取りに出せば、手間がなく交換という形で車の購入が可能です。しかし下取りの場合、購入予定の販売店までどうやっていくの?という疑問が出てきます。

ここで1つ考えていただきたいのが、買取金額と下取り金額に1万以上の価格差があれば、車を下取りしてもらった後に、タクシーでも使った方がよっぽどお得ということです。言い換えれば、それだけ下取りと買取では買取の方が金額が高くつきやすいということです。

買取に出す前にやること5選

1、ガソリンを使い切る

2、車検の日付を確認

3、自動車保険の確認

4、車内の清掃

5、車の洗車

特に車内の清掃と、洗車についてはやるとやらないとでは買取金額が変わってくる可能性があります。査定をするのも人間なので、汚い車と綺麗な車だと第一印象は変わってきます。また外観については汚れが傷と判断されると査定金額が下がってしまいます。ボディー自体が傷ついていれば、傷ですが、車の場合、ボディーの上に付着物がついている場合の可能性の方が高いです。コンパウンドが入った洗剤で擦ってあげれば、消えてしまう汚れが多いので、査定の前には要チェックです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる