最近の中古車販売店の実情 〜中古車販売における利益の仕組み〜

皆さんは中古車1台の販売でどれくらいの利益があるかご存知だろうか?

私が中古車販売店で働いていた時は、、、

正直な話、1台30万円以上の粗利が必要だと言われていました。

しかし今はさらに厳しい時代に突入したと思います。

そんな時代の中古車販売店における利益の仕組みを解説します!

なぜ中古車販売で利益を獲得するのが難しいのか?

理由

・インターネットの普及により消費者が中古車価格を簡単に比べられる時代。

・少子高齢化、若者の車離れにより、顧客の奪い合い。

・中古車の販売形態が企業から個人の時代から個人から個人へ

そんな中で、どれだけ顧客を集客できるかが、どこの中古車販売店も凌ぎを削っている命題。

顧客はいま、ネットに載っている情報(金額等)によってどこの中古車販売店に行こうか決める。

全ての中古車販売店に共通

グーネットやカーセンサーに載せる金額は最安値を提示。
*実際にオークションで仕入した原価よりも安い金額で掲示している場合もある。

どういった利益構造なのか?

ほとんどの中古車販売店が利益を稼いでいるのは各種手数料とオプション。

オプションをつけなければ、利益が出ない仕組み

各種手数料

・登録手数料
・車庫証明代行手数料
・事務手数料

オプション

・ガラスコーティング
・長期のメンテナンスサービス
・ガラスの撥水仕様
・カスタム

各販売店によって記載方法が異なるが、こういった手数料やオプションが中古車販売店の利益となる部分だ。

車両本体価格と販売価格の2種類が車体に記載されているパターンをよく見ませんか?

販売価格

車両本体価格 = 各種手数料 + オプション

販売会社によって違いはあるが、各種手数料は決まりで見積に付随する会社が多い。

オプションはつけ外しはできるのだが、せっかく購入するなら、、、

と言う気持ちが出て、取り付けしてしまいたくなるものですね!

そんな時に出来る限り中古車を安く購入出来る交渉方法がこちらの記事

買取と下取どっちがお得かについても解説しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる