【費用が通常の半額以下】ドローン資格を安く取得するなら、これ!

  • ドローン資格を取得する必要があるのかな…
  • スクールは高額すぎて敷居が高すぎる
  • 今、資格を取るべきか教えて!

2022年からドローンの免許制が導入される予定。ドローン資格を持っていれば、免許を取得するための1部の試験が免除される可能性が高い。

「波に乗り遅れてしまうと、稼げるときにはもう遅い」という状況に陥ってしまいます。

この記事を書いた人
  • 新車・中古車・自動車保険の各種資格保持者
  • 最新のモビリティに精通
  • 電動キックボード・トイドローンを所持

 Twitter:(@tokaysalaryman

トイドローン・空撮ドローン・水中ドローンなど多種多様なドローンを解説している著者が説明します。

ドローンの資格を取得するために必須なのが、ドローンスクール。通常、受講するには20万〜40万ほどの費用がかかります。

しかし、オンラインスクールの「デイトラ」なら、69,800円で資格の取得が可能です。

こんなメリットがあります!

  • 不安で一杯のスクール選びに失敗しません。
  • 業界最安値でドローンについて学べます。
  • 自宅にいながら、簡単にドローン資格が取得できます。

今回は『通常の半額以下の費用で資格が取得できる「デイトラ」のスクール』をご紹介します。

出典:デイトラ
  • 78,900円と業界最安値
  • 3ヶ月間ドローンレンタル付き
  • ドローン商用パイロット資格が取得可能
無料でレッスン動画の視聴可能!今なら割引キャンペーン中。69,800円(税込)で受講ができますよ♪

オンラインのドローンスクールを受講することで、手間なくドローン資格が取得できます。

目次

ドローン資格を取得するためにかかる費用は?

一般的なドローンスクールで20万円〜40万円ほどの費用がかかります。

また全くの初心者には通常よりも料金が加算されるスクールが多いです。

なぜなら、ドローンの基礎知識や操縦方法など比較的初歩的なところからのスタートとなるからです。

費用に含まれているものは⁉

・講習代
・教科書代
・機材(ドローンやドローンの保険料)
・資格試験を受けるための資格費用

通常のスクール
デイトラ
  • 20万〜40万円
  • ドローンを使えるのは受講期間のみ
  • 2日〜5日間の受講期間
  • 79,800円(今なら69,800円)
  • 3ヶ月のドローンレンタル含む
  • 90日間の学習サポート
  • カリキュラムは無期限視聴可能

ドローンの資格について

どんな資格が取得できるの?

【資格の種類】

  • UASレベル2技能認証
  • DPA認定資格
  • JUIDA認定資格
  • DJI認定資格
fuzzy

ちなみに、デイトラで取得できる資格は「UASレベル2技能認証」ですよ。

いま取っておくべき資格は?

基本的には国土交通省に認められた講習団体が発行する資格が必要です。

「そもそもどんな資格があるものを取得したらいいかわからない」という方が多いと思います。

ネットで調べても色々な情報があるので正直分かりませんよね。

そんなみなさんには、少なくともこの2点だけは網羅しているスクールをおすすめします。

  1. 国土交通省の認定を受けた資格
  2. 免許制度になった時に優遇される資格

今後は「免許制度」になるの⁉

2021年に『航空改正案』が決定しました。

2022年に免許制になり、免許を所持していないと操縦できない環境になると言われています。

いままでは誰でも簡単に飛ばせたドローンですが、高い技術力が証明できなければ、自由に操縦できない時代がやってきます。

言い換えると、免許を所持していれば、ドローンパイロットとして認められる可能性がかなり高まるということです。

国土交通省管理団体資格であれば…

免許制度の開始後に一部試験の免除など、優遇処置を受けられる可能性が高いです。

悩んでる人

免許制になるけど、今から資格を取得しても損しないの?

fuzzy

免許制になる前だからこそ、いまから資格を取得すると、一部試験項目の免除など、メリットがあります。

ドローンを飛ばすための許可申請が簡略化できる

航空法対象のドローンを飛ばすためには国の許可が必要となります。

※航空法については割愛します。
※ここでは200g以上の機体にを飛ばす際に適用されるルールとします。

ドローンの学校に通われる方は、いずれドローンがビジネスになることを想定されているはずです。

そうであれば、必ず許可申請と承認は必要になってきます。なぜなら美しい映像がとれ、高度な技術を搭載しているドローンは、必然的に重量が重くなるからです。

【申請方法】

1、ドローンの実技操縦を10時間
2、「DIPS」にて資料作成
3、オンラインでの飛行申請の資料提出
4、PDFで承認書を受け取る

ドローンを仕事にしている方にとって、毎回こんな手間のかかる申請をやるのは、負荷が大きすぎます。

資料を提出してから承認書を受け取るまでには、修正や再提出を要求されることもあります。

講習機関で取得した「技術証明書」などの資格があれば、「1」を省略、「2」の申請を簡略化できます。

fuzzy

デイトラで取得できる「UASレベル2技能認証」があれば、申請を簡略化できますよ♪

ドローンを学ぶにはオンラインがおすすめな3つの理由

  1. 費用が格段に安い
  2. 自宅で学習ができるので、効率が良い
  3. 聞き逃したところや、分からないことを何度も聞ける

特にサラリーマンとして会社で働いている方は、まとまった時間をとるのが難しいと思います。

ドローンスクールに通うとなると、最低でも講義のために2日間は休みを取らないといけません。本格的なスクールだと5日間続きます。

また費用が段違いに安くなります。なぜなら、オンラインの場合、スクール側の人件費が必要ないからです。

動画形式の授業なので、全てパソコンで完結します。余分なコストがかかっていない分、高いクオリティーの講義をコスパ良く提供できます。

悩んでる人

でも、わからないところを直接聞けないから不安だな…

操作の仕方も動画なので、何回も巻き戻しして、学べます。聞き逃してしまう心配がありません。

むしろ、ドローン初心者の入り口としてはベストな選択肢ですよ♪

ドローン業界の将来性

【ドローンの市場規模】

2019年1409億円(前年度比51%増)
2022年1932億円(前年度比37%増)

2025年には6400億円ほどまで成長すると予想されています。

ちなみに世界では・・・

2020年の市場規模は225億で2兆4485億だったのが…

2025年には428億ドルの4兆1000億円に成長すると予想されています。

fuzzy

ドローンはこれから伸びる成長産業なのです。

そんな急成長産業にチャレンジするのも、まだまだ遅くありません。

むしろ免許制度が始まっていない今だからこそチャンスなのかもしれません。

大きなリスクを犯してまで、挑戦することはおすすめしませんが、「コスパ良く始められる」「いつでも好きな時に学べる」「国に認められた資格が取得できる」そんな『デイトラ』はおすすめです。

ぜひ1度お試しあれ♪

通常のスクール
デイトラ
  • 20万〜40万円
  • ドローンを使えるのは受講期間のみ
  • 2日〜5日間の受講期間
  • 79,800円(今なら69,800円)
  • 3ヶ月のドローンレンタル含む
  • 90日間の学習サポート
  • カリキュラムは無期限視聴可能
出典:デイトラ
  • 78,900円と業界最安値
  • 3ヶ月間ドローンレンタル付き
  • ドローン商用パイロット資格が取得可能
無料でレッスン動画の視聴可能!今なら割引キャンペーン中。69,800円(税込)で受講ができますよ♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる