【公道仕様最安値】激安の殿堂ドン・キホーテの最新電動キックボード

前作の「FG-ESR002-BK」から改良され、最新のモデルがドンキから遂に発売されました。史上最安値の公道走行可能な電動キックボード「FG-EKR01-BK」となります。以前発売された時は途中から公道走行が認められなくなり、販売停止になりました。「今回の仕様は本当に大丈夫なのか?」、「そもそもなぜ公道走行不可になったのか?」、「新モデルはどんなスペックなのか?」など徹底解説します。

目次

【公道仕様最安値】激安の殿堂ドン・キホーテの最新電動キックボード

✔こんな疑問にお答えします!

  • なぜ今までは公道走行できなかったのか?
  • 新モデル「FG-EKR01-BK」は本当に大丈夫?(スペックや商品仕様等)
  • 買ってすぐに公道走行できるの?
  • 今後の展開について

旧モデル「FG-ESR002-BK」が公道走行できなかった理由

保安部品が装備されてなかったから

日本の法律に道路運送車両法というものがあります。その中に一定の部品が装備されてないと、日本の公道では走ることができないとされています。一定の部品とは「ブレーキ」や「方向指示器」などはもちろん「ホーン」や「ランプ類」なども定められています。つまり、道路を走行する上で最低限の保安部品が必ず必要となってくるのです。

■新モデルの商品仕様・スペック

商品名:「FG-EKR01-BK」

シンプルなハンドルデザイン。ハンドルブレーキも装備されており、操作性OK。

フロントライトで夜間の走行も可能に!

リアブレーキを装備。ハンドルブレーキと二重装備で安全性UP。

価格:43,780円(税込)


対応身長    :155cm以上
耐荷重     :約90kg
充電時間    :3.5時間
サイズ     :1,100×460×1,215mm
サイズ(折り畳み) :1,100×460×500mm
重量      :約13.8kg
最大速度    :19km/h
最大航続距離  :20km
バッテリー電圧 :42V
タイヤサイズ  :前後両輪8.5インチ
防水      :IP54
保証期間    ;購入後1年間

8.5インチタイヤで、オフロードでも走行可能に。

ナンバーステーが標準で装備。ナンバープレートを取得し取付を行えば、公道走行可能な保安部品の取付が完了。

ポップにも「公道走行対応」と記載があり公式にドンキが承認。

買ってすぐに公道走行できるの?

結論:できません

「ナンバープレートの取得・取付」「保険の加入」

が必要となってきます。

ナンバープレートの取得・取付

お住まいの市役所(税務課)に訪問。窓口にてナンバープレート取得の手続きができます。

【必要書類】
・販売証明書(ドンキにて購入時に付属)
・印鑑
・本人確認書類

上記の書類をもって近くの市役所に行くだけでナンバーは取得できます。行けば窓口の方が書類の書き方等教えてくれるので、誰でも簡単に取得できます。

保険の加入

最低限の保険として自賠責保険に加入しておれば、公道走行可能です。
【自賠責保険の取得方法】
コンビニのマルチコピー機にて楽々取得可能です。
*ちなみに郵便局等でも取得できますよ。

【対応しているコンビニ】
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
*車体番号・ナンバープレート・車種・契約書情報・保証開始日等の情報が必要。

車両情報と本人確認ができれば大丈夫。ただし情報確認のため、免許証は持っていきましょう!

今後の展開について

全国に店舗があるドンキが4万円台のお手頃な電動キックボードを発売したことで一気に普及する可能性が高まりました。また実店舗にて簡単に購入もできるため、見た人がその場で購入でき、より身近なものに感じることができると思います。公道で走るためには「ナンバープレートの取付」と「保険加入」がありますが、市役所とコンビニにて解決。取得の難易度もかなり低いため、どんな方でも必ず取得できます。今後電動キックボードが普及するのが楽しみですね。

【2021】おすすめ電動キックボード36選 通勤・公道使用可能

保険は必要?公道走行可能な電動キックボードの自賠責・任意保険

電動キックボードいざ公道へ【ナンバー無料取得方法&費用】

【ハーフキャップがおすすめ】原付登録の電動キックボードに最適人気ヘルメット

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる