【新車・中古車】見積書の見方「車両本体価格と販売価格を徹底比較」

車 CarLife

新車・中古車の購入を考えている方向け

この車が欲しい!っと思い営業マンに見積書を出してもらうと「えっこんなに高いの?」と思ったことがある方は多いと思います。「インターネットで見た価格と違う、、、」「予算オーバーだよ~」っと様々な声が聞こえてきそうです。今回は皆さんが納得して車を購入できるように新車ディーラー、中古車販売店の『見積書の内容について』解説します。

見積書の見方が変わるので是非見ていってくださいね!

なぜ提示価格が高くなってしまうのか?

決して販売店が利益を取ろうとしているわけではありません!

車をする時、ある程度ネットで金額を把握してから販売店に行きませんか?今の世の中、顧客が来店するかどうかはネットでの集客が命となります。実際に店舗に足を運んで貰わなければ、車は売れません。各社顧客を確保するためにネットの金額を極限まで安くしています。実際にオークションで購入した金額よりも安い赤字価格で表示していることも多々あります。

販売業者の金額の表示方法は2種類

車両本体価格

車のみの金額です。(基本的にインターネットに表示されている価格)

販売価格

必ず掛かってくる「税金・法廷費用」
       +
各販売業者の利益となる「手続代行費用+各種オプション」

販売価格(詳細) 販売業者の利益 = 手続代行費用 + オプション

税金・法廷費用

必ず掛かる費用

・自動車税
・自賠責保険料
・取得税
・重量税
・ナンバー取得費用
・車庫証明印紙
・検査登録印紙
・リサイクル預託金

手続代行費用

販売業者の利益

・納車整備費用
・車検代行費用
・書類作成代行費用
・車庫証明費用
・検査登録費用
・ガゾリン代

オプション

販売業者の利益

・車の保証パック
・車のメンテナンスパック
・ボディーガラスコーティング
・フロントガラスウロコ除去
・新品フロアマット取付
・車両の下回りの錆止め
・ETC &ETC取付工賃
・各種カスタム
・希望ナンバー
・社外ナビ取付

見積内容で見るべきPOINT

手続代行費用を見るべし!これが各業者が最低限、会社として確保しなければならない利益となる。この金額が安い販売業者はかなり薄利多売で商売をしているため、購入先としては良いかな。

オプションを付帯することが営業マンの使命
各営業マンに課されている課題の1つにオプションの付帯があります。なぜならオプションを付帯した分だけ会社の利益となるからです。自動車販売店に行った時にこの言葉は多く聞くと思います。「取り敢えず全てのオプションをつけた見積を持ってきました!」

まとめ

新車ディーラーや中古車販売業者に行く際には、初めに提示される金額は、ある程度高いことを想定しておくことをお勧めします。「車両本体価格」で購入できる販売業者は稀。手続代行費用とオプションが付帯している「販売価格」にて購入することになるため、営業マンの言葉に騙されずに不必要なものは取り外していくよう努めると最終的に安く車を手に入れることができると思います。「取り外せるものは全て取り外して下さい!」営業マン泣かせの言葉ですね!

タイトルとURLをコピーしました