通関士試験を合格する為には

プロフィール

通関士試験で合格する為には 【お薦めの通信講座】

賛否要論あると思いますが、僕は・・・

通信講座:Foresight(フォーサイト)をおすすめします。

Foresight(フォーサイト)をオススメする理由

テキストが簡潔にまとめられている。

色付けがされたまとめ表が載っています。

しかも関連している内容を比較した表が掲載されているので覚えやすい。

また市販で購入するテキストには「この内容テストで必要?」と感じる程
奥の奥の知識の内容が掲載されていたりします。

Foresight(フォーサイト)のテキストは合格に必要な最低限の知識が
掲載されているので知識の習得に無駄がありません。
*あくまで通関士試験合格だけを目指している方には

問題集の内容が充実している。

通関業法、関税法等に関しての合格への1番の近道は過去問を解くことです。
そして解いた過去問に対して解説を見て自分なりに問題の趣旨を理解する事です。

Foresight(フォーサイト)の問題集は過去の傾向から
テストで出そうなキーワードに対する過去に出題された問題が
ピックアップされており、順に掲載されています。

例えば上の写真のように、
輸入申告の時期に関する過去の問題が出題年ごとに掲載されており
これを解き、傾向をつかめば、輸入申告の時期に関する問題が出てきた時に
正解を導き出すことが可能になると思います。

通関実務のわかりやすい解説

通関士試験で1番難易度が高い章が
通関書類の作成要領その他通関手続の実務。

通関業法・関税法等 → 知識のみ → 暗記あるのみ
通関実務 → 知識と計算と応用 → 問題の解き方を理解する

Foresight(フォーサイト)のテキストには
どうやって答えを導き出したのかが、詳しく掲載されています。

また色々な分野から出題されているので
経験値が上がって、様々な問題に対応できるようになります。

問題集の解説も丁寧で
問題の答えだけではなく
解き方を学ぶ事ができます!

欲を言うと、どこに何が書かれているかわかるくらい
何度も何度も解くと、時間の無い本番時に
何がどこに表記されているかわかるのでオススメですよ!

Foresight(フォーサイト)意外に役に立つサブ教材

法改正情報等テキスト

【過去問を解く時の問題点】

 ●頻繁な法改正に対応
 法改正が頻繁に行われる
 →過去の問題が間違っている可能性が出てくる。

【法改正情報等テキストのメリット】

 ●去年から何が変わっているのか説明がある。
 ●過去問題集の訂正がある。

関税率表の所属の決定カード

 ●カードを利用する事で効率的に学習
 どの関税率を適用するのか決めなければいけない問題出題
 →過去問から出る可能性が高い

再現問題集

 ●まさしく最後の腕試しテスト
  試験への弾みをつけるラスト問題集

タイトルとURLをコピーしました