【悪用厳禁】ドローンを副業におすすめする10の理由 仕事としての将来性は⁉

現在「ドローン」を仕事にしている人はどれほどいるでしょうか?

周りを見回しても、おそらくそれほどいないのが現実でしょう。

だからこそ、少しでもドローンの文化に触れておくことをおすすめします。

なぜなら「先行者」は必ず利益があるからです。

fuzzy

まずは趣味から始めるのがベスト!

✔こんな方に向けて

  • 副業を何から初めていいかわからない
  • ドローンの副業でどんな案件があるか知りたい
  • どうやってドローンの案件を探すか知りたい

「ドローンビジネス」は「副業」できるのかを徹底解説。

現在働いているサラリーマン、フリーランスでなかなか稼げていない

そんな方の「副業」の1つの選択肢となれば幸いです。

目次

ドローンを副業におすすめする10の理由

  1. 今後伸びていく業界
  2. まだまだ未開拓な分野
  3. 誰でも簡単に始められる
  4. 趣味から始めることで、低価格で始めることができる
  5. ライバルが少ない(操縦士の数が少ない)
  6. 技術を身につければ、一生もの
  7. 肉体的負担が少ない(何歳になってもできる)
  8. 時間や場所にとらわれずに働ける
  9. クラウドソーシング案件が増える可能性が高い
  10. 他の技術も習得できる

実はこんなメリットも・・・

ドローンを操縦することで身につくのは、ドローンの操縦技術だけではありません。

画像・映像の編集にも触れることができる。

ドローンを運転し始めると、気になる出すのが、画像や動画の撮影。

撮影をすることにより、撮影機材の知識がつき、カメラ性能などに詳しくなる。

自分が撮った画像や、動画の編集まで興味を持ち始めたら・・・もう最高です!

実際どんな仕事があるの⁉

空撮(動画)

空撮映像、アーティストのPV映像作成など今まではヘリや飛行機を使って、

人がカメラを持って撮影しなければいけなかったが・・・

海・川・山など大自然をドローンで撮影する仕事の需要があります。

今後は各企業のPR動画や、広告映像としてドローンが使われる可能性があります。

建物撮影

お客様に説明するための建物撮影や、HPに掲載するためのマンションの撮影、上空からの天井撮影などに使用されます。

fuzzy

不動産業界で使われることが多いかも!

点検

新築建屋の異常点検・屋根の定期点検・壁面の定期点検・ソーラーパネルの点検・アンテナなどの点検など

「点検」の需要はますます増えると予想されます。

特に橋梁の点検は、各市町村に任されている場合が多い

  • 人材不足
  • 少子高齢化
  • 建設してから50年以上経つ橋の増加

点検の効率化を目指す上でも、今後ドローンでの点検が主流になることは間違いありません。

測量

レーザードローンを活用、自動飛行を活用すれば、人よりも正確に測量が可能になります。

  • 短時間で三次元の測定
  • 測定したデータの情報共有が容易
  • 自動飛行により、精度の高いデータの蓄積ができる。

など、メリットをあげたらきりがありません!

農業

人手不足に悩んでいる農業にとってドローンは救世主になりえます。

  • 農薬散布
  • 肥料散布
  • 播種
  • 農産物の運搬

散布や運搬など農業の効率化を図ることができます。

人手をかけるか、時間をかけるか・・・

高齢化が進む農業にとっては、ドローンの将来性は明るいですね。

警備

ドローンに搭載したセンサーで不審者を発見、すぐにデーターを送信。

自立して走行できるようになれば、警備員がいらない世の中になるかもしれませんね・・・

悩んでる人

企業の中で働いている人が撮影するんじゃないの?

fuzzy

大手の企業はもちろん社内の人材を活用するでしょう!

しかし、資金がない中小企業がドローンの撮影のためだけに人を雇うことができるでしょうか?

2022年から免許制が始まるとも言われているため、

クラウドソーシングで募集がかかることも増えるかもしれません。

 

ワニぞう

空撮動画の仕事はクラウドソーシングにも募集があるぞ!

ドローンの副業の実情

ドローン副業のメリットばかり解説してきましたが、

まだまだ認知度が低く、市場が整備されていないので、厳しい業界です。

✔こんなデメリットも

  • ドローンの購入やスクールに初期費用がかかる
  • 操縦技術がないと、仕事をするのは難しい
  • 認知度がまだまだ少ない
  • 枠が少ないので、空撮はプロのカメラマン、測量や点検は自社の社員で行える

まだまだドローンを操縦する副業は少ないのが実情です。

現在は案件が少ないので、ライバルの競争が激しい可能性も高いです。

副業の案件が少なく、ライバルが多いからこそ、参入してくる人が少ないのも事実です。

現在は需要と供給が一致しているので、厳しい・・・

これから業界が成長することは間違いありません。

fuzzy

今のうちから、ドローンの文化に触れておくことをおすすめします。

  • ドローンの知識を身につける
  • ドローンの操縦に慣れる
  • ドローンの副業案件がどんなものがあるか探しておく

まずは趣味として、自分がドローンの操縦に向いているか!

本当にドローンの操縦の仕事をやってみたいと思っているのか!

自分の興味を確かめてからでも、資格取得したり、スクールを受けるのは遅くありません!

安価で手に入って、重量も軽いので

操作性も抜群のトイドローンから検討するのもありです。

初めてドローンの購入を検討している方はこちらの記事をぜひ!

【2021年最新】トイドローンおすすめ人気12選 最強ランキング

空撮からやってみたい!という方はレンタルから初めてみるのもおすすめです。

空撮用のドローンを購入すると初期費用が何十万とかかる・・・

「モノカリ」であれば、必要な日数や機種を選択できる、手軽にレンタルができます。

お手軽にレンタルができるので、是非こちらから→モノカリ

「もっと本格的にドローンを学びたい!」そんな方のために

ドローンスクールについて徹底解説。こちらの記事をどうぞ♪

【2021年最新】おすすめドローンスクール 選び方や料金相場を徹底比較

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる