【2021年最新】おすすめドローンスクール 選び方や料金相場を徹底比較

悩んでる人

「ドローンは無資格でも飛ばすことができるんじゃないの?」

fuzzy

無資格でも飛ばせます!

ワニぞう

ドローンには正式に国に認められた資格がないからじゃ。

ドローンスクールに通い、「技術認定書」などを手に入れることがドローン操縦士としての1番の証明です。

【ドローンスクールで手に入るもの】

  • 技術認定証
  • 技能証明書

ドローンスクールに通うことで「証明」が簡単に取得できます。

取得した証明を生かしてドローン関係の仕事につく。

そんな将来の可能性感じられるのがドローンスクールの魅力です。

全てのドローンスクールが民間資格を発行してくれるわけではありません。

国土交通省管理団体が管理する講習団体であれば、「技術認定証」や「技能証明書」などを発行してくれます。

今回はドローン操縦士としての「証明」を取得するためにおすすめの人気ドローンスクールを徹底解説。

目次

ドローンスクールとは?

認定団体からドローンスクール認定を受けたドローンのための認定スクールです。

悩んでる人

ドローンスクールで認定取得できる日数は?

fuzzy

2〜5日ほどの短期間で取得できます。

現在正式に国に認められたライセンスはないので注意が必要!

認定団体とは・・・

国土交通省管理団体が管理する団体

・一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
・DJI JAPAN株式会社
・一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)

独学でドローンを学ぼうとしても・・・

何よりも操縦経験が大切なので、飛ばす場所が限られている独学では技術を習得するのは困難。

悩んでる人

国に認められたライセンスがないのにスクールに入る意味あるの?

fuzzy

証明できるものがないからこそ、「スクール」が唯一のドローンを運転できる証明になります。

ドローンスクールに入るメリット

ドローンを仕事にできる

ドローンスクールはドローンを仕事にするための1番の近道です。

【ドローンを練習するときの悩み】

  • ドローンを操縦するための場所がない。
  • 自由に飛ばす方法がわからない。
  • 練習のための時間が確保できない。
fuzzy

スクールでは、自由に操縦可能。ドローンの操縦経験を得ることができます。

ドローン活用用途が広がる

現在ドローンは多くの仕事に活用されています。

  • 点検
  • 測量
  • 農業
  • 監視
  • 捜索
  • 災害
  • 輸送
  • 空撮

これだけの仕事に活用されていると考えると、学ぶ活力が湧いてきます。

技術を取得すれば、活かすための道が広がっています。

fuzzy

仕事に活かす、仕事を得るためドローンスクールです。

「卒業したらこんな仕事に就きたい」と思って通うドローンスクールはより実践的になります。

カリキュラムを習得したら資格が手に入る

「10時間飛行実績」の証明書が手に入り、国土交通省へ提出することが可能になります。

【資格のメリット】

  • 人工集中地域での操縦ができる。
  • ドローン操縦士としての証明として活用。
  • 就職するための証明として利用できる。

ドローン操縦士になるためには

何より大切なのが証明です。

なぜなら…

ドローン操縦士には特別な免許や国家資格は必要ないからです!

悩んでる人

何で操縦士として証明するの⁉

fuzzy

「ドローンスクールに通い、卒業し、認定を受けた!」これしか証明できるものがないからこそ、最高の証明になります。

自分のドローンの実力を説明するためには、ドローン技術を証明するものがなければ説得力がありません。

ドローンをどれだけ飛ばしたことがあるかの証明が必須。

証明をするためにの1番の近道が「ドローンスクール」です。

スクールの選び方

1番の重要ポイント

「国土交通省管理団体が管理する講習団体」

ドローンを操縦したことがある証明を発行してくれる団体でないと意味がありません。

上記の講習団体であれば「技術認定証」や「技能証明書」などの発行が可能です。

費用について

ドローンスクールには20万〜40万程度かかります。

悩んでる人

安いスクールも中にはないの?

ワニぞう

10万以下のスクールもあるぞ⁉

fuzzy

無料の説明会や無料体験会を開いているところをおすすめします。

【無料体験会のメリット】

  • スクールの雰囲気がわかる。
  • 仕事につながることがある。
  • ドローンに知見が広がる。

価格だけに惑わされず、内容を確認して選ぶことをおすすめします。

ドローンスクールに参加しているのは、ドローンに対する知見を持っている方が多いです。

今後のための情報を獲得する意味でも、無料体験会に参加して、周りを見て決めるのも1つの手段です。

スクール会社について

スクール独自で飛行場所を所有

ドローンを飛ばすには広大な土地が必要!

大切なことはドローンを飛ばす経験を多くすることです。

そのためには広い土地が必要となるので、広くドローンを飛ばすことが可能なスクールを選ぶようにしましょう。

実務の業務でドローンを使用している

点検・測量・農業・監視・捜索・災害・輸送・空撮がドローンの主な使用用途です。

より実践で使用している会社に学ぶことが、今後に活躍の近道です。

現場の操縦とスクールでの講義がズレていては意味がない。

趣味で通うならいいですが…

仕事に活かそうとしている場合はより実践に近い操縦が重要なため、実務の業務で使用している会社が教えるスクールを選ぶようにしましょう。

講義内容

専門コースがあるスクール

専門コースがあるスクールはある程度よさんがあったり、経験が豊富です。

fuzzy

独自で専門コースを開いているスクールには特化した講師が存在することが多いです。

できればマンツーマン講義が望ましい

【マンツーマン講義のメリット】

  • 正しい操縦方法が分かる。
  • 上達が早い。
  • 講師とのコミニケーションがとりやすい。
fuzzy

自然とコストパフォーマンスも良くなります。

卒業後のサポートの充実度

卒業生のコミュニティーやドローン練習場があるスクールもあります。

ドローンを操縦したいと考えている人の中にはドローンに関わる仕事をしたいと考えている人も多い。

そんな方にはドローンスクールがドローンに関わる情報を仕入れるための絶好の場所です。

ドローンに関わる仕事をしている人が通うことが多いからです。

今入るならここ!おすすめのドローンスクール

ドローンスクールジャパン

出典:DJS

【オープンコース】

取得資格:DBS技能検定
受講期間:2日間
受講料金:12万円

【アドバンスコース】

取得資格:DBS技能認定、DPA認定資格、ドローン操縦士回転翼3級
受講期間:2日間
受講料金:20万円

【外壁調査コース】

取得資格:DPS外壁調査コース認定書
受講料金:30万円

  • 無料説明会を開催中
  • 初心者から中級者まで通えるコースが充実
  • 2日間の講習でDPA認定資格を取得可能
  • 講習時間の85%以上が実技講習
  • 完全マンツーマンレッスン
ガイアの夜明けでも紹介されました!
fuzzy

ドローンに触れておきたい初心者の方には、下記トイドローンをおすすめします。

【2021年最新】トイドローンおすすめ人気12選 最強ランキング

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる