【2022年最新】トイドローンおすすめ人気12選 最強ランキング

いろんな種類のドローンがありすぎて、どれを選べばいいかわからない。
初心者に向いているモデルが知りたい。
買ってから「こんなはずじゃなかった…」と後悔したくない。

一言で「ドローン」と言っても、種類が豊富。

機能や性能もモデルによってさまざま。どれを選んで良いのか悩みますよね。

悩んでる人

どんな種類のドローンがあるの?

fuzzy

ドローンの種類は大きく分けて3種類。「トイドローン」と「空撮ドローン」と「産業用ドローン」があります。

悩んでる人

初心者にはどのドローンがおすすめなの?

ワニぞう

初めて購入する人は間違いなく「トイドローン」じゃ!

【トイドローンのメリット】

  1. 重量は200g以下で小型ドローン。
  2. 子供でも安全に遊べる、おもちゃ感覚で手軽さ抜群。
  3. 航空法の適用無し!屋外でも許可なく飛ばせる。
  4. ドローンのなかでは最安値。

今回は、初心者が初めに買うべきおすすめのトイドローンを解説します。

それぞれの用途にあったトイドローンのポイントを紹介。購入のご参考にしていただけると幸いです。

この記事を書いた人
  • 新車・中古車・自動車保険の販売員として活動経験あり
  • 自動車保険販売資格保有
  • 電動キックボードを所有
  • おすすめの電動キックボード36選を解説

 Twitter:(@tokaysalaryman

ドローンを学ぶためには、スクールに入ることが、1番の近道です。

ドローンを始めたい方におすすめしたいのが、オンラインでの格安ドローンスクールです。

【こんな悩みを解決】

  • ドローンスクールって高いんじゃないの・・・
  • わざわざ通うのがめんどくさい。
  • 仕事で忙しいから、まとまった時間がとれない!
  • 78,900円と業界最安値
  • 3ヶ月間ドローンレンタル付き
  • ドローン商用パイロット資格が取得可能
目次

トイドローン(Toy Drone)の特徴3選

総重量が200g以下

200g以下のドローンは航空法が適用されないため、屋外での飛行が可能です。無人航空機として扱われないため、ある程度の規制を守れば、自由に操縦できます。

分類が「おもちゃ」

もちろんおもちゃなので子供も楽しめますが、大人が趣味として楽しめるモデルです。手軽にラジコンのように楽しむことができます。

価格がとにかく安い

最も安いモデルがトイドローンです。機能性よりも手軽さを重視したモデル。安いモデルで1万を下回るほどで購入が可能です。

ドローンを飛行させる上で知っておいた方がいい航空法

航空法とは

航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、民間の航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本の法律である。

出典:Wikipedia

ドローンにおける航空法の注意点

航空法によって飛行できない場所があります。

  1. 空港等の周辺の上空の空域
  2. 150m以上の高さの空域
  3. 人口集中地区の上空

厳密に言うと、国土交通大臣の許可があれば飛行できるけど・・・

うん!許可はあきらめましょう笑

その他にも航空法には下記のようなものが定められています。

  • 飛行の方法に関する規制
  • 機体・操縦者の安全確保に対する規制

飲酒して飛行を行ってはいけないや、安全確認を行った操縦を行うなど、誰しもが理解していないといけない「安全に飛行するため」に当たり前のことが定められています。

200g以下のトイドローンは航空法は適応されません。

航空法は関係なく、飛行することができるドローンが・・・

トイドローンなのです!!!

トイドローンをおすすめしたい人

ドローンを購入するのが初めての方

安価なものだと・・・

3,000円程度のモデルもあるので初心者が手軽に購入しやすいためです。

fuzzy

この金額なら「もし購入して失敗したらどうしよう⁉」と思う可能性が極めて低いです。

「おもちゃ感覚で子供と一緒に楽しめたらいいな!」程度で購入される方も多いです。

【こんな方にもおすすめ】

  • 趣味を作りたい方
  • ラジコンなど操作するものが好きな方
  • 子供と一緒に遊びたい方
  • ドローンの操作に慣れたい方
  • 将来ドローン関連の仕事に就きたい方

初心者のドローン入門に最適なのがトイドローンです。

トイドローンはドローンに興味を持ち始めた方の初めの1台目としておすすめです。

トイドローンをおすすめする理由

  1. 価格が安い
  2. 飛ばせる場所が多い
  3. 操作が簡単

安価であり、操作も簡単。子供にももってこいなのがドローンの魅力です。

飛ばせる場所

トイドローンは航空法の適用を受けないため、ルール上どこでも飛行できます。

トイドローンは航空法の対象外となるので、基本的にどこでも飛行可能。

ただし、個別に禁止されている公園などもあるので事前に確認が必要となります。

人に危険を及ぼすような運転はやめましょう!

トイドローンの選び方

1、価格

3,000円〜20,000円ほどのモデルがあります。

ご自身の使用用途によって金額を決定しましょう。

2、機能性

バッテリーの持続時間は?

小型のトイドローンバッテリーの持続時間は5分〜10分ほど。比較的短いですが、家で使う方は問題ありません。
ただし、外で使用したい方は、バッテリーが複数個ついてくるトイドローンをおすすめします。

カメラの性能は?

HD画質は960×720ピクセル~1920×1080ピクセルまでの画質での撮影が可能。モデルによってはカメラがついてない機種もあるので注意が必要です。

3、操作性

ドローンの中では1番操作性が簡単なモデル。

悩んでる人

なぜ、運転がしやすいの?

fuzzy

初心者が運転しやすい機能が多くあるからです。

トイドローンに装備されている便利な機能はこちら↓

4、安全性

技適マークには要注意。電波法違反になる可能性も⁉

国内で製造されたドローンには技適マークがついていますが、海外製や並行輸入品には技適マークがないものがあります。もしなければ、電源を付けただけで電波法違反になってしまいます。

下記のおすすめトイドローンは技適マークがついたモデルしか紹介していないのでご安心を!

おすすめの人気トイドローン12選 最強ランキング

ドローンブランドごとに解説

  • DJI
  • ホーリーストーン
  • ポテンシック
  • スナップテイン

全て200g以下のトイドローンで厳選しています。

【DJI】

DJI Tello Powered 

Ryze Technology
¥16,256 (2021/09/17 07:07時点 | Yahooショッピング調べ)

DJI Mavic Mini コンボドローン

DJI MINI 2 Fly More コンボドローン

【Holy Stone】ホーリーストーン

Holy Stone HS210

Holy Stone HS161

Holy Stone HS175

【Potensic】ポテンシック

Potensic A20W

Potensic P7

Potensic T25

【スナップテイン】

スナップテイン H823H

スナップテイン SP650

スナップテイン SP500J

fuzzy

空撮を本格的に始めたい初心者におすすめなのがこちら♪

【初心者必見】199kgの空撮ドローンを買うならこれ!

本格的にスクールから学びたい方は、こちらの記事からどうぞ♪
ドローンスクールを徹底解説しているので、とにかく自分を追い込みたい方におすすめです。
通ってしまえば、もうやるしかありません!

【2022年最新】初心者におすすめドローンスクール 選び方や料金相場

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる