【2021年最新】ドローンレンタル3社を徹底比較 1番おすすめの会社は⁉

こんなドローンを購入するんじゃなかった・・・

誰しもがドローンの購入を失敗したくないはず!

ドローンレンタルの相場は本体価格の1/10です。

10万円かかるドローンなら10回試すことができます。

もちろんお気に入りのモデルや機種があれば、購入することをおすすめします。

でも、初めて購入する人はやっぱり心配なものです。

なぜなら高価な買い物がだから・・・

高いからこそ、後悔なく選べるのがドローンレンタルです。

fuzzy

借りてから購入をしても全然遅くありませんよ♪

【こんな方におすすめ】

  • ドローンの購入する前に1度飛ばしてみたい
  • 最新のドローンを飛ばしてみたい
  • 空撮ドローンなどの高価なドローンの購入を検討
目次

ドローンレンタルのメリット

  1. 価格が高いドローンを安価で借りれる
  2. いろんなドローンを試すことができる
  3. 予約してすぐに飛ばせる
  4. 飛行申請が必要なドローンの許可申請を代行してくれる
  5. 保険や保証にわざわざ入る必要がない

デメリットは⁉

レンタルばかりしてしまい、費用がかさんでしまう・・・

レンタルする際はある程度、目処をつけることをおすすめします。

fuzzy

個人的には「1~3回」ほど試してみて、購入することをおすすめします。

レンタル会社によって差があるため、選ぶときは慎重に選びましょう。

そんな方は購入をおすすめします。

  • 購入したい
  • とにかく所持したい
  • モデルや機種が決まっている

下記の記事でおすすめのドローンを紹介しているので是非♪

ドローンをレンタルする前にこれだけは知っておいて

保険の加入は必要なの?

対人保険と対物保険は必須です。

クルマの任意保険でも・・・

対人保険と対物保険は必ず加入しているはずです。

なぜなら、かなり高い金額が必要になるリスクがあるからです。

<例1>

ドローンを飛ばしていて、誰かの目に当たって失明させてしまった・・・

何千万円という慰謝料が対人保険によってカバーされます。

<例2>

ドローンを飛ばしていて、パチンコ屋の窓ガラスを割ってしまった・・・

修理代と、営業停止期間の損害賠償を対人保険によってカバー。

起きてしまったら、どうしようもできないリスクに対しては

保険でカバーするのは必須です。

fuzzy

クルマ同様、レンタルドローンにも対人・対物保険はかけておきましょう。

費用の心配はそれほどしなくて良い⁉

対人・対物の保険に加入しても追加でかかる費用は高くて数千円です!

なにかあったときのことを考えると安いですよ♪

ドローンに関わる法律について

「知りませんでした」では通用しません。
ルールを守らないと、警察に捕まってしまう場合もあるので注意が必要。

特に「航空法」は要注意

規制対象ドローン

200g以上のドローン

制対象区域

空港等の周辺
150m以上の高さの空域
人口集中地区の上空

fuzzy

上記の場合は事前の飛行申請が必要となります。

各都道府県や市町村条例もあるので、飛ばす際は事前に確認をしておくことをおすすめします。

ドローンレンタル会社では、飛行申請を代理で行ってくれるところがあります。

煩わしい手続きなしで、自由に運転できます。

ドローンレンタル会社の選び方

1、利用目的に合わせる

まずはドローンの種類を選びましょう!

一概にドローンといってもさまざま。

飛行許可申請のいらない200g以下のトイドローンから

何十万もする高価な空撮ドローン、仕事に使うハイスペックな産業用ドローンなど♪

どのドローンを選ぶかによって、スペックや金額に大きな差が生まれます。

トイドローン 

手軽に楽しみたい、家の中で飛ばしたい。

金額
高い
1
2
3
4
5
安い
手軽さ
低い
1
2
3
4
5
高い
実用性
低い
1
2
3
4
5
高い

撮影用(空撮・水中)ドローン

空撮や水中での撮影をしたい、高性能なカメラで撮影をしたい。

金額
高い
1
2
3
4
5
安い
手軽さ
低い
1
2
3
4
5
高い
実用性
低い
1
2
3
4
5
高い

産業用ドローン

農業や点検などの仕事に使用したい。

金額
高い
1
2
3
4
5
安い
手軽さ
低い
1
2
3
4
5
高い
実用性
低い
1
2
3
4
5
高い

2、必要なオプションに合わせる

ドローンを使って何をしたいのかが重要

保険が必要か⁉

家の外で飛ばす予定であれば、損害保険が付属しているレンタル会社をおすすめします。

何かあったときに、人生まで狂ってしまうリスクがあるからです。

先程ご説明したとおり、ドローンによって怪我をさせてしまったり、

建物を破損させてしまうと、高額な費用がかかる可能性があります。

リスクから避けるためにも、レンタルした時点で損害保険に加入しているドローンレンタルがベストです。

飛行許可申請は必要か⁉

航空法のために事前に飛行の許可が必要であれば、許可申請書を提出しなければなりません。

申請は正直めんどくさい・・・

fuzzy

なぜなら国土交通省への申請になるからです。

もちろん、すでに本格的にドローン操縦を仕事にするなら別ですが、、、

「まずはレンタルで!」と考えている方には少しハードルが高い・・・

その場合は飛行許可申請を代行してくれるレンタル会社のドローンをレンタルすることをおすすめします。

ドローンレンタル3社を徹底比較

【おすすめのドローンレンタル会社】

  1. モノカリ
  2. ドロサツ
  3. スカイシーカーレンタル

なぜ、この3社なの?

使用者の現在の状況に合わせることができるからです。

個人向けドローンレンタル

お手軽に安くドローンをレンタルしたい

モノカリ

ちょっと高価なドローンを安心してレンタルしたい

➡ドロサツ

こちらの記事で徹底解説♪

法人向けドローンレンタル

高性能な産業用ドローンををレンタルしたい

スカイシーカーレンタル

モノカリ

【レンタルできるドローンの種類】

  • DJI Tello 3,500円〜
  • DJI SPARK 7,630円〜
  • DJI MAvic air 14,700円〜
  • DJI Mavic Pro 18,700円〜
  • DJI Phantom 4pro 22,700円〜

ドローンレンタルだけではなく、他にも手軽にレンタルできるのが最大の特徴。

最新のモビリティだと・・・

  • 電動キックボード
  • セグウェイ
  • 電動自転車

わざわざドローンのために会員登録をするのはめんどくさい!

そんな方には「モノカリ」がおすすめです。

詳しくはこちらの記事で解説しているので是非♪

【最安値3,500円でレンタル可能】モノカリでDJIの最新ドローンが借りれる⁉

ドロサツ

ドローンレンタル実績がNo.1の最大手です。

充実のオプション

赤外線カメラやズームができるカメラもレンタルできます。

また交換用ジンバルカメラレンタルも可能。

【レンタル可能なもの】

  • 予備バッテリー
  • カーチャージャー
  • プロペラガード
  • ジンバル
  • モーションコントローラーなど

借りれるものは多岐にわたりますよ♪

無料の損害賠償保険

対人・対物保険は最大1億円保証♪
*DJIシリーズのみ

すでに適用された機体が送られてくるので

手間がかかる手続きは一切ありません♪

飛行申請代行サービス

国土交通省への申請を代行してくれたり、手助けしてくれるサービスがあります。

  1. 行政書士による飛行代行申請サービス
  2. チャットサポート

「航空法」をクリアして一度ドローンを飛ばしてみたいという方にはおすすめのサービスです♪

また人気のドローンをお手頃価格で提供しています。

ちょっと高価なドローンを借りてみたいという方はドロサツをおすすめします。

【レンタルできるドローンの種類】

  • 200g以下のトイドローン
  • 産業用ドローン
  • 測量用ドローン
  • 水中ドローン
  • 農業ドローン

スカイシーカーレンタル

産業用に使う!仕事に使う!間違いなくスカイシーカーレンタルです。

なぜなら、見積もりのときに要望すれば、叶えてくれるからです♪

fuzzy

ドローンのメンテナンスやセットアップは全てやってくれます。

見積もり依頼のときに要望をすれば、叶えてくれるノウハウがあります。

産業用ドローンを活用した点検や調査や空撮業務を請け負っている企業

経験があるからこそ・・・

  • 分かる
  • ノウハウがある
  • 教えられる

実際に口コミを見ると大手企業様も使っています。

詳しくは下記ページからどうぞ♪

【ドローンレンタルって安い?】個人・法人におすすめのレンタル会社を徹底解説

最新のモビリティや今話題のMaaSはこちらからどうぞ♪

【2021】おすすめ電動キックボード36選 通勤・公道使用可能

【MaaSとは?】モビリティとサービスを繋ぎ、いざ移動革命!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる