3輪だからこそできるミニカー登録!あのホンダ「ジャイロ」シリーズも2021年に電動化へ

現在「カーボンニュートラル」温室効果ガスの排出をゼロにして、脱酸素社会を目指す事が世界の標準になりつつあります。その中で「ガソリン車」から「電気自動車」への変革が目まぐるしいスピードで行われています。また近年の「コロナウィルス」の影響もあり、「大人数」で「密」な空間への抵抗が増している中、電動キックボードや電動キックスクーターなどの「マイクロモビリティ」が注目を集めています。

ただ法律上、電動キックボードや電動キックスクーターは公道を走るためには「ヘルメット」を着用しないといけません。「会社への通勤で少し使いたいだけなのに、ヘルメットで髪のセットが崩れたら嫌だな‥」「夏の暑い時にヘルメットで汗をかくのはちょっと‥」など、ヘルメットを被る事が抵抗になり、そういった移動手段を利用していない方は多いのではないでしょうか?

しかし実はヘルメットを被らなくても良い「マイクロモビリティ」があるのです。
それが皆さんも一度は見たことがあるだろう、あの「ヤクルトレディー」の3輪バイクなのです。

それでは何故あのルーフのついたバイクはヘルメットを被らなくて良いのか?
それは【「ミニカー登録」が可能なバイクだから】です。「え‥ミニカー登録って何?」そんな方は多いと思います。今回はそんな方のために下記を解説します。

悩んでる人

・ミニカー登録とは?
・ミニカー登録のメリット
・実際に3輪で走行できるミニカー登録車は?

ミニカー登録とは

ミニカーは「マイクロカー」とも呼ばれ、後輪のトレッド(左右のタイヤの接地面の中心と中心の距離)が500mm以上あり、排気量が20ccから50cc未満の乗り物。つまり3輪車であること。また定格出力は0.25kwを越える0.6kw以下で乗車定員は1名。水色ナンバーを装着。

どんな車がミニカー登録できるの?

「輪距が500mmを超える3輪以上の車」*車室の有無問わず

ミニカー登録のメリット・デメリットは?

メリットは?
・ヘルメットを被らなくても法律上、警察に捕まりません。 
 安全の為に着用をおすすめしてはいますが、法律上の義務は無し!
・二段階右折も義務付けられていない。
 原動機付二輪自転車よりもより自由に走行が可能です。
・最高制限速度が60kmとなります。
 通常の原付一種(50cc以下)の場合は、最高制限速度は30kmとなります。
 しかし車体も安定しているため、より高速で走行することが認められています。
・車検を受ける必要もなく、シートベルトの装備も義務付けられていません。
 環境の保全や自動車の安全性の確保や保安基準を定める道路運送車両法では、
 原動機付自転車の扱いとなります。

デメリットは?
・金額(維持費用)が多少UPするかも!?
 原付一種の自動車税が年間2,000円かかるのに対して
 ミニカー登録車は年間3,700円かかります。
 ただ車検を受ける費用は要らず、重量税も必要ないので、車よりは安価です。
・普通免許が必要
 ミニカー登録車は道路交通法では原動機付自転車ではなく普通自動車に区分されます。
 原付の場合、原付の免許のみで運転可能なのですが、
 ミニカー登録車両の場合、普通免許を取得してないと警察に捕まります。

実際に3輪で走行できるミニカー登録車は?

あの誰もが1度は見たことがあるだろう「ヤクルトレディー」のバイクがまさにミニカー登録の3輪車です。今はガソリン仕様で販売されていますが、2021年には商用ではあるものの「ガゾリン」ではなく「電動」の機種がホンダから発売されることが発表されました。

「ジャイロキャノピー イー」

出典:HONDA

交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」バッテシー式なので、スペースが無くても「持ち運び」で充電が可能。

「ジャイロ イー」

典:HONDA
出典:Webオートバイ

後輪の後ろにあるスペースは荷台になっており、まさに「ヤクルト」が置かれているスペース。

安定の3輪なので、走行中も2輪と違って倒れることが無いため、
安心してモノを運搬することが可能です。

またそれを電動キックボード、電動キックスクーターとして実現している会社も現れてきました。それが三重県鈴鹿市にある車を通じて生活を楽しむ事を目的とした自動車会社。
「フジイエンジニアリング株式会社」略してフジエン

ノーヘルで公道走行可能な「スナメリ」

「スナメリ」から改良!価格も半額に!「シャオメリ」

自動車や公共交通機関で移動する時代から
電気を使用して手軽に楽に移動する時代へ!

【2021】おすすめ電動キックボード36選 通勤・公道使用可能

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる