遂に発売!公道走行は?Free Mireから最新3輪キックボード

ただし現在のモデルでは公道走行はできません!!!
*私有地・施設内モデルのため

しかしホームページを見てみると
なんと「公道走行モデルは新製品開発中」との記載あり!

クリエイティブジャパン株式会社がリリースする予定の
先取りとして、現在の私有地・施設内モデルのスペックや仕様をチェック!

目次

遂に発売!公道走行は?Free Mireから最新3輪キックボード

【Free Mire】

出典:Free Mile plus

商品仕様・スペック

材質      :マグネシウム合金
モーター定格出力:350W
耐荷重     :100kg
充電時間    :4時間
サイズ(通常) :1200mm×550mm
重量      :約18kg
最大速度    :19.9km/h
スピード切り替え:13km/h・19.9km/h
最大航続距離  :30km〜40km
ブレーキシステム:ディスクブレーキ
バッテリー   :リチウムイオン
ホイール径   :前輪9インチ・後輪8インチ
IP規格     :IP54(防水レベル)
傾斜      :15度
その他     :サドル(椅子)標準付属

価格:¥118,000円(税別)

出典:Free Mile plus

●おすすめポイント●

  • 2輪に比べて、走行が楽々
  • スーツケースのように持ち運び可能
  • 2WAY仕様(サドルをつけてスクーター、取り外してキックボード)
出典:Free Mile plus

なんと言っても特徴は駐車時にスタンドをかける必要がなく、常に自立して停車する三輪構造。赤信号でも足を道路において待つ必要がなく、女性でも手軽に利用可能。折り畳み時に後輪が2輪となるため、前のハンドルを持って後輪を走らせながらスーツケースのように楽々移動が可能。長旅にもバッチリ。足を乗せるデッキが基本安定しているため、走行自体が安定し、2輪の電動キックボードよりも体力の消耗がなく、疲れにくい。FreeMileの特徴であるサドル取り外し可能機能は健在。電動キックボードでサドルが取り外せるタイプはなかなか珍しいため重宝できる機種。

ただ残念なのは、まだ公道走行が認められていないモデルということ。もちろん、保安部品を取り付けて、ナンバーを取得して、保険にはいれば、公道を走ることは可能なのだが、メーカーが推奨していない以上、無理に走行するのは得策ではないだろう。

やはり公道仕様モデルを待ってから、思う存分に公道を走ることがベストな選択肢ではないでしょうか?ちなみに3輪であればミニカー登録が可能なので、ヘルメットをかぶらずに公道を走行できちゃいますよ。*あくまで安全上推奨はしていないので、危険管理はしっかりと!!!

また珍しい3輪機種についてはフジエンジニアリングから「スナメリ」と「シャオメリ」が発売されているので要チェック。高価なモデルではありますが、走りを追求したモビリティー好きにはたまらない機種なので参考にどうぞ!

1番の人気記事はこちらからどうぞ!

【2021】おすすめ電動キックボード36選 通勤・公道使用可能

保険は必要?公道走行可能な電動キックボードの自賠責・任意保険

電動キックボードいざ公道へ【ナンバー無料取得方法&費用】

【ハーフキャップがおすすめ】原付登録の電動キックボードに最適人気ヘルメット

電動キックボード全般を紹介しておりますので、参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる